香里ケ丘教会の沿革

 当教会は、1959年5月、21名の信徒によって、
 当時東洋一の住宅地であった枚方の香里団地に誕生した
 日本基督教団のプロテスタント教会です。


 日本基督教団浪花教会を牧しておられた竹内信牧師の住宅が、
 香里団地にあり、そこで始められた集会が、香里ケ丘教会のルーツです。
 竹内牧師が、団地の居住者に配布した『礼拝開始のお知らせ』には、次のように
 記されています。

  『ニュータウンの生活に精神的な喜びと霊的な潤いを与えるために、
  キリスト教集会を左記の通り開始いたします。
  教派の如何に関わらず、信徒の方のご協力をお願いいたします。
  また、信徒でない方も遠慮無くご参加ください。』


 以来、香里ケ丘教会は、会衆派(組合派)の教会として
 54年の間、香里ヶ丘の地でで歩んで参りました。
 現会堂は1991年に建設されたものです。
 
 2012年度より、新しく渡辺圭一郎牧師が主任牧師として赴任、現在に至ります。
 かつて教会に行かれていた方も、はじめての方も
 キリスト教に関心のある方も、教会に足を運んでくださりますことを
 教会員一同心より願っています。